平成29年 |郡山市立大田小學校 |2017年 |【11月定親吉日2017年】

単眼鏡にはピン、キリがあり、安い物では1,500円程度、い物では300,000円もするのです。

博物館によっては、受付で無料貸出を行っているところもあるので、興味がある方は一度使用してみるといでしょう。

「甲冑・刀・刀裝具-光村コレクション・ダイジェスト-」を開催する「根津美術館」では、同館コレクションの礎を築いた初代「根津嘉一郎」(ねずかいちろう)が購入した、実業家「光村利藻」(みつむらとしも)のコレクションを展示。

質と量、資料性のい作品羣1,200點のなかから選りすぐりの武器・武具が勢ぞろいしています。

數が多いため展示期間中に入れえを行いつつ、國寶刀剣は日程公開。

長光とは備前長船(びぜんおさふね)派の名工で、本刀は長光の典型作とされる丁子(ちょうじ)にの目(ぐのめ)を交えた刀剣。

他には「太刀 銘 來國俊」(たち めい らいくにとし)や「脇 銘 廣光」(わきざし めい ひろみつ)といった美術品に指定された名刀も楽しむことができます。

「海野勝珉」(うんのしょうみん)による「蕨金具脇指拵」(さわらびかなぐわきざしこしらえ)といった、幕末から明治時代を代表する金工家を中心とした刀裝具も60件を展示。

企畫展は、光村利藻蒐集の100件を一挙に鑑賞できる貴重な機會となっています。

國內屈指の規模と歴史を持つ東京國博物館は、1872年(明治5年)に設立された、日本と東洋の文化財の収集・保管・展示公開・調査研究・普及などを目的とした博物館です。

117,000點と収蔵品の數もさることながら、それらは誰もが一度は目にしたことのある美術品ばかり。

展「國寶 東京國博物館のすべて」では、創立150週年を記念して同館が持つ國寶の美術品がすべて展示されました。

各種イベントや2館割引なども実施されます。

そのなかでも目玉となるのが、日本一美しいとされる「三日月宗近」(みかづきむねちか)、大橫綱のを持つ「大包平」(おおかねひら)などです。

また本企畫展は、上記2振に加え「藤四郎」(あつしとうしろう)や「亀甲貞宗」(きっこうさだむね)、「般若長光」(だいはんにゃながみつ)、「竜景光」(こりゅうかげみつ)といった刀剣舞に登場する刀剣が多數、展示されたこともあり、刀剣歴女からも注目のとなっています。

企畫展「彥根藩井伊家の刀剣」は、彥根城內にある。

「彥根城博物館」にて開催。

この彥根城博物館は、明治時代に取り壊された彥根城表御殿跡に建設され、彥根藩主を代々務めてきた井伊家の古文書や美術品を展示・収蔵しています。

その數約45,000點。

これに彥根藩の藩政事業に関する史料を加えると、収蔵件數は91,000點に上ります。

本企畫展では、南北朝時代の刀工「左文字」の「刀 無銘 伝左 名物 織田左文字」や、江戸時代の刀工「繁慶」(はんけい)による「刀 銘 金象嵌銘 面影」などの名品を出展。

延伸閱讀…

平成29年 (2017年) 11.1

郡山市立大田小學校

さらに井伊家の刀剣管理における「腰物帳」(こしものちょう)や、刀工「埋忠」(うめただみょうじゅ)の殘した刀剣帳「埋忠刀譜」(うめただとうふ)といった貴重な史料も併せて公開されます。

また藩主の私な生活の場であった「奧向」(おくむき)を復元した木造棟や、表御殿の唯一となる遺構の能舞台があり、能舞台では年に數回、能や狂言を上演。

その他にも「井伊の赤備え」と呼ばれた赤い甲冑の武具や書畫、美術工芸品などを見學することができます。

展「令和の名刀・名工展」は、公益財団法人日本美術刀剣保存協會と日本刀匠會が催する日本刀展覧會です。

本展覧會は、1,000年以上の歴史を持つ日本刀に攜わる刀匠、研師、金工などの職人の育成と刀剣文化のな発展を目指して開催されます。

日本全國の職人から、最近の作品をした上で厳に審査し、入選・受賞した作を紹介します。

今回の岡山県での展覧會は、備前船刀剣博物館と林原美術館の2館に分かれて開催。

各種イベントや2館割引なども実施されます。

延伸閱讀…

Sign in

広 報 い た の 5 月 號

※備前船刀剣博物館への來館は、事前予約制です。

三河武士のやかた家康館にて開催されている企畫展「秘蔵の逸品!地元愛刀家の日本刀展」では、愛知県やその周辺に住の日本刀愛家が蔵する愛刀や名刀の數々が公開されます。

時代後期に成立したとされる日本刀は、その後1,000年にわたり作られ続け、その美しさから武器としてだけでなく、美術品や権威の象徴としても扱われてきました。

現代でも、日本刀の姿や地鉄、刃文などにたくさんの人々が惹かれています。

本企畫展では、愛知県が拠點の刀剣愛団體の岡崎美刀會、公益財団法人日本美術刀剣保存協會の名古屋支部、及び三河支部の協力のもと、「飛騨守氏房」(ひだのかみうじふさ)や「河村信高」(かわむらのぶたか)など尾張・三河地域の刀工による作品のほか、日本各地の刀剣が一堂に會し、その魅力に觸れることができます。

刀剣博物館で開催される「刀剣指定制度五十週年記念-日本刀 珠玉の名品展-」は、刀剣の指定制度50週年を記念して開催される展覧會です。

1971年(昭和46年)の第1回から、直近の第26回までに指定された作品の中から各時代・各流派の秀抜な作品を取り揃え、美術工芸品としての刀剣・刀裝・刀裝具を通じ、日本が世界に誇る日本刀文化の粋を改めて概観するとともに、當指定制度が半世紀にわたって果たしてきた意義を認識します。

刀剣博物館を運営する(公財)日本美術刀剣保存協會では、主軸事業のひとつに刀剣・刀裝・刀裝具の審査事業があり、なかでも刀剣の指定制度は、刀剣指定品の中から一段とした出來映えと保存狀態の優れた作品を厳選し指定するものです。

それらは我が國の美術工芸史上、資料・歴史価値が極めてく、國認定の美術品にする、もしくは國指定の文化財に準ずる価値があると判斷されるもので、日本美術刀剣保存協會による審査事業の中でも位に位置づけられています。

50年の間、隔年の厳な審査會において、刀剣1,143口、刀裝59點、刀裝具80點が指定されました。

本展示會では、その中から選りすぐりの作品(刀剣114口・刀裝5點・刀裝具11點)が、會期中3期に分けて展示される予定です。

相關文章